車いす応援チームWAFCAは、車いすや奨学金の寄贈を通じて、アジアに暮らす障がい児の自立を支えています。

活動を知る

WAFCAとは

アジアの障がい児がおかれている環境

現在、アジアの多くの国々では、急速な経済成長を遂げています。しかし、その過程で立ち遅れがちな社会的課題が山積みし、とりわけ社会福祉の取組みは国の施策の中でも優先順位が低くなりがちなのが現状です。そのため、アジアの障がい者を取巻く状況は決して恵まれたものとは言えません。中でも、障がいを理由に自立の機会を逃しがちなたくさんの子どもたちがいます。貧しさから車いすを買うことができずに移動の自由が得られない、通学への道が閉ざされやすいことが問題になっているのです。 

WAFCA設立と活動エリア

そこで、こうした状況を少しでも改善しようと、1999年4月、株式会社デンソーの創立50周年記念事業として、アジア車いす交流センター(Wheelchairs and Friendship Center of Asia)が設立されました。WAFCAは、設立母体である株式会社デンソーが初めて海外生産拠点を設けたタイからスタートして、中国、インドネシアへ活動を拡げ、アジアの障がい児の自立を支援してきました。

1999年9月、タイにWAFCAT(Wheelchairs and Friendship Center of Asia Thailand)を設立し、2007年からは中国でも活動を開始、2014年にはインドネシアでWAFCAI(Wheelchairs and Friendship Center of Asia Indonesia)を設立して車いす寄贈を開始しました。

車いすが変える、子どもたちの世界。

車いす支援事業

「外に出たい」 「学校へ行きたい」そんな障がい児の願いを叶えるため、子どもたちが必要とする車いすを届けています。WAFCAが子どもたちに贈る車いすは、1人ひとりの身体や生活のニーズにあった車いすです。WAFCAではWHOが定める車いす寄贈の8ステップにそって、車いすを寄贈しており、寄贈後のフォローアップも定期的に実施し、修理やメンテナンスも行っています。

データで見るWAFCA20年の実績もご参照ください。

WAFCAT車いすサービスセンターが開所しました!

2019年9月、WAFCATはサービスの更なる向上を目指して、車いすサービスセンターを開所しました。
この車いすサービスセンターは、WAFCATとサムットプラカーン県特殊教育センターとの協働事業として、特殊教育センター内の建屋の一部を改装し、設立されました。

プロモーションビデオをご覧いただけます!(日本語字幕)

障がい児教育支援事業

障がいのある子どもたちが学校で勉強し、生活や社会の中で自立することを目指し、奨学金の支援をしています。また学校や地域の協力を得ながら、バリアフリー化や能力開発セミナーなども実施しています。様々な人たちと一緒に「学校に行きたい」という障がい児の夢を応援します。 詳しくはこちら

交流活動

障がい児やその家族、専門家、WAFCA支援者、未来を担う若い世代が、互いに行き来する face to face の交流を通じて、相互理解と支援レベルの向上を目指しています。

WAFCA活動国の現場を訪れるフレンドシップツアーをはじめ、特別支援学校の教員同士の交流事業(日・タイ)や、車いすダンス普及事業(日・タイ・インドネシア)など、これまでに様々な交流を行っています。

フレンドシップツアーへの参加・詳細についてはこちらから。