「障がい者とともに」学び、生きる、インクルーシブ社会へ

世界人口の15%(約10億人)は
何らかの障がいを抱えており、
その80%(約8億人)は開発途上国に
暮らしていると言われています。

途上国の多くの障がい者は教育や
就職などで苦しい立場に置かれ、
社会への充分な参加の機会が保障されず、
貧困に繋がっています。

本当に苦しんでいる人は、
自分で声を上げられません。
WAFCAは、そんな彼らに耳を傾け、
ともに学び合いながら、
「みんなが自分らしく生きることができる社会」
の実現を目指しています。

「はじめての方へ」
5分でわかるWAFCAのすべて

団体の理念、設立から現在までの歴史、活動内容などについて、
約5分の動画ではじめての方にもわかりやすくご紹介しています。
ぜひご覧ください。

Project

活動紹介

一人ひとりの身体に合った車いす

「外に出たい」 「学校へ行きたい」
そんな障がい児の願いを叶えるため、子どもたちが必要とする車いすを届けています。

みんなで支える一人ひとりの毎日

障がいのある子どもたちが学校で勉強し、生活や社会の中で自立することを目指し、奨学金の支援をしています。

顔の見える交流を通した人づくり

障がい児やその家族、専門家、WAFCA支援者、未来を担う若い世代が、互いに行き来する
face to face の交流を通じて、相互理解と支援レベルの向上を目指しています。

WAFCAは、車いすと教育の支援を通じて、アジアに暮らす障がい児の自立を支えています。
これまでにたくさんの子どもたちと出会い支援をしてきましたが、まだまだ多くの子どもたちが障がいや貧困のために、外出をしたり、学校に通ったりすることが難しい状況にあります。

車いす病院では、車いすの修理・中古車いすの販売、不要となった車いすの改修などを行ってます。
車いす病院で得た収益は、アジアの障がい児支援のために使われています。

詳しくはこちら

Activity Report

活動レポートを読む

2020年8月号

2020年7月号
【英語版】

2020年7月号

2020年6月号

2020年5月号

活動レポート一覧はこちら

WAFCAは、車いすと教育の支援を通じて、アジアに暮らす障がい児の自立を支えています。
これまでにたくさんの子どもたちと出会い支援をしてきましたが、まだまだ多くの子どもたちが障がいや貧困のために、外出をしたり、学校に通ったりすることが難しい状況にあります。