車いす応援チームWAFCAは、車いすや奨学金の寄贈を通じて、アジアに暮らす障がい児の自立を支えています。

最近の活動

タイ フレンドシップツアー2017 参加者募集中! (2017/11/16-20)
~バンコク市内&アユタヤ観光でタイの文化体験や車いす修理ボランティア活動を行います~

認定NPO法人WAFCA(ワフカ)は、1999年よりタイにおいて車いすの普及事業や教育支援事業を通じて障がい児・者の自立できる環境づくりをサポートしています。 また、『顔の見える支援』『障がい児・者一人ひとりに寄り添う支援」を目指し、タイと日本の国際交流事業にも力を入れています。その一環として、毎年、会員向け現地訪問ボランティア交流ツアーを実施しています。2017年『日タイ修好130周年』にあたる今年、WAFCAは第17回目のツアーを開催します! この機会に私たちと一緒にタイへ行き、WAFCAのタイの活動を体験してみませんか?
詳細は添付の募集チラシをご覧ください。

■募集内容
【日程】11月16日(木)~20日(月)

【旅行代金】¥122,500(ツイン部屋利用の場合)より
                 ¥137,500(シングル部屋利用の場合)より
                 注)参加人数が20名を下回る場合は増額あり(10名以上催行)
【参加資格】WAFCA会員の方※会員でない方はご加入ください。
【申込方法】添付の申込書に必要事項を記入の上、下記のいずれかの方法でWAFCA事務局にご提出ください。
                パスポートのコピー(顔写真のページ)を添えてください。タイ入国にはパスポートの残余期間が6カ月以上  必要です。
・郵送:〒448-0834 愛知県刈谷市司町1-2 ふれあいプラザゆうきそう内
・Eメール:ZC8WAFCA@denso.co.jp
・Fax:0566-23-5827 (内線5990-900)
・デンソー、デンソーグループ社員の方:〒1030WAFCA 
【定員】20名
【応募締め切り】9月29日(金)まで
 担当:秋山




アスモサンクスフェスタに出展しました(2017/8/5)

8/5 アスモサンクスフェスタに出展しました!

天候が心配されましたが、徐々に回復し暑い日となりました。従業員およびご家族の皆さんで大盛況のイベントに出展させていただきました。
WAFCAでは、アスモ社員の方にもご協力いただき、活動紹介とともに、障がい者理解のために、パラリンピック正式種目「ボッチャ」体験とタイ・インドネシアの障がい者が作った商品の販売を行いました。「バルーンアート・スマイルひねる会」の松田さんにもご協力いただき、ボッチャ体験の勝者と商品購入者にはバルーンプレゼントも行いました。
この日は90人が「ボッチャ」を体験し、2017年度累計535人となりました。今年度の出展イベントを通して1,000人の方に体験していただき、体験募金で車いす3台を寄贈目標としています!
アスモの皆さん、三河から参加していただいたボランティアの皆さん、暑い中ありがとうございました!

イベントには多くの方が来場しました!

ボッチャ体験にはアスモ社員の方のサポートも  

子どもたちにも大人気のチャリティ商品 

目の前で作られるバルーンアートに喜ぶ子供たち

デンソー太陽納涼まつりに出展しました(2017/7/22)

7/22 デンソー太陽納涼まつりに出展しました!

当日は天気に恵まれ、従業員の方々以外にも近隣の子どもたちがたくさん訪れました。
WAFCAのテントではパラリンピック正式種目「ボッチャ」体験とチャリティ商品販売、バルーンアートプレゼント(ボッチャ体験勝者と商品購入者)を行いました。
114人の方に「ボッチャ」を体験していただき、現在累計387人の方に体験していただいています。(2017年度目標1,000人、車いす寄贈3台分)
今回のボッチャ体験では、特に小学生の男の子たちが楽しみながらも真剣に対戦をしていました。障がい者スポーツ「ボッチャ」が1人でも多くの人にとって身近なスポーツとなるよう今年度引き続きイベントで行っていく予定です。
お手伝いいただいたボランティアの皆さん、暑い中ありがとうございました!
また今回アップさせていただいた写真はすべてデンソーハートフルフレンドのまさにぃさんに撮影していただいた写真です。ありがとうございました。

天気に恵まれ多くの人が訪れました  

ボッチャ体験  

チャリティ商品販売  

バルーンチームの皆さん

デンソー労働組合主催「元気倍増イベント」に出展しました(2017/7/6)

7/5デンソー労働組合主催「元気倍増イベント」@デンソー本社に出展しました。

通常販売しているワイヤー等の商品以外に先日タイで仕入れた新しい商品も販売しました。
タイ北部の村の女性たちによる手作りの「かごバック」は2つとも購入いただき、タイの少数民族の伝統的な模様をあしらった「ポーチ」にも興味をもっていただけました。
また新しい商品が入荷されましたら、FBなどでご紹介させていただきますね!
販売のご協力をいただいた皆さん、ブースに来ていただいた皆さん、ありがとうございました!

お手伝いいただいた皆さんと

6月~8月のイベント出展のお知らせ(2017/5/29)

以下のイベントに出展します。ぜひ遊びに来てください。ボランティアも募集しています。
■すまいるフェスタ in いなべ
日時:6/18(日)、10~15時
場所:三重県いなべ市北勢市民会館
内容:ワイヤーアート教室
        チャリティ商品販売

■デンソー太陽納涼祭り
日時:7/22(土)、16~20時
場所:デンソー太陽(蒲郡市形原町北浜)
内容:ボッチャ体験
        チャリティ商品販売

■アスモ サンクスフェスタ
日時:8/5(土)、16~20時
場所:アスモ本社工場(湖西市梅田)
内容:ボッチャ体験
        チャリティ商品販売

2016年度活動報告書を発行しました! (2017/5/13)

2016年度活動報告書が完成しました。
WAFCA定期総会にご出席された方には配布しておりますが、HPからもご覧いただけます。

2017年度定期総会を開催します! (2017/5/13)
~総会後、交流カフェ、記念行事 佐藤理事による講演会を行います~

5月13日(土)刈谷市総合文化センターにてWAFCA定期総会を開催致します。2016年度事業報告、収支報告、監査報告、2017年度事業計画、予算に対し承認をいただきます。また、定期総会に続けて、会員の皆さまの交流の場として、WAFCA交流カフェ及び、WAFCA理事 佐藤久美氏による講演会を行います。

参加ご希望の方は申込書(添付下)に、ご氏名、ご連絡先、ご参加人数を明記の上、お電話、FAX、Eメールにてお申込ください。会員以外の方でもご参加いただけます。ぜひ、ご家族、ご友人お誘いあわせの上、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

  日時: 2017年5月13日(土)10:30~14:10(開場 10:00)
          ※入場無料、センター東隣(商業施設南側)の駐車場にて4時間まで無料サービスあり
  場所: 刈谷市総合文化センター中央生涯学習センター5階 501講座室
  内容: 第1部  定期総会           10:30~11:30
                       交流カフェ        11:40~12:20
            第2部  講演会              13:00~14:10
           題目:『外国人住民とともに築きましょう、日本の豊かな多文化共生社会』
           講師:佐藤久美氏( WAFCA理事、金城学院大学 国際情報学部 教授)

 申込方法:<電話> 0566-23-5822
                <FAX> 0566-23-5827
                <Eメール> ZC8WAFCA@denso.co.jp
    
  申込締切:第1部  4月21日(金)
                 第2部  5月12日(金)

タイ・パタヤでドリーム&フレンドシップキャンプを行いました (2017/2/16-19)
~さまざまな障がい者スポーツを楽しみました~

タイ・パタヤにある職業訓練学校でWAFCAの奨学生を対象にドリーム&フレンドシップキャンプを行いました。奨学生26人が参加し、障がい者職業訓練学校の生徒60人と一緒に車いすバスケやボッチャなどの障がい者スポーツを楽しみました。

北京、ロンドン、そして昨年のリオと3大会続けてウェイトリフティングのタイ代表としてパラリンピックに出場したナロン・ケーサナン氏(職業訓練学校の教員)が参加者に次のようなメッセージを送りました。
『誰にでも才能がありますが、好きなことに才能があるとは限りません。自分もコーチに勧められるまでウェイトリフティングの才能があるとは思っていませんでした。どんなことでもまず挑戦してみて、自分の才能を見つけるために人生の目標を持って頑張ってください。』

また、奨学生の一人ウンブーンくんがタイの民族舞踊を披露してくれ、その様子がタイのテレビで紹介されました。(ホームページトップで動画をご紹介しています)
番組の中でウンブーン君は次のように話しています。
『シーサケット県の小学校に通っていた頃にタイ舞踊を始めました。
たとえ身体に障がいがあっても、美しい衣装を着てメイクをして人前で踊ると幸せな気持ちになれます。
今はパタヤのマハタイ職業訓練学校でコンピュータを勉強しています。
卒業したらエンターテインメント業界で働いて、タイ舞踊を続けたいと思っています。
もっとタイ社会が障がい者が能力を発揮できる機会を与えてくれるようになってほしいです。
また、タイ政府もさらに障がい者の教育やバリアフリー環境の整備に力を入れてほしいと思っています。』

参加した子どもたちは職業訓練学校の敷地内にあるバリアフリーの宿泊施設で保護者と別々の部屋で共同生活を送りました。初めは子どもたちや保護者から不安や不満の声もありましたが、キャンプ終盤には友達と仲良くなれた、将来の自立に向けて自信がついたという感想が多く聞かれました。

車いすバスケ

ナロン・ケーサナン氏と記念撮影

タイ舞踊を踊るウンブーン君

ペタング

タイ フレンドシップツアーを行いました (2016/9/18-23)
~タイ東北部ブリラム県にて初参加の大学生も笑顔で子どもたちと活動~

今回のツアーはタイが初めての大学生7名を含む18名が参加してブりラム県を訪問しました。タイは雨季の真っただ中で、毎日降るスコールや、それが原因でピクリとも動かない大渋滞など、車いす修理や交流だけでなく、リアルなタイも体感しました。
初日9/19はWAFCA会員の皆さんにバリアフリー募金をお願いした奨学生 ジョイちゃん宅を訪問してバリアフリー化工事を手伝いました。セメントを捏ねてトイレまでのスロープを舗装したり、トイレが楽しくなるよう建物に絵を描きました。ジョイちゃんも一緒になって描きました。
午後には奨学生 シット君が通う学校を訪問して紙ヒコーキづくりや日本伝統のカブト折り、ケン玉づくりなどで交流しました。日本の遊びに夢中になる子どもと一緒になって、参加者も真剣に紙ヒコーキを飛ばしたり、ケン玉と格闘したり、楽しい時間を過ごしました。
翌日9/20はタイ人ボランティアさんも5人参加して、特殊教育センターにて車いすを31台修理しました。夜はセンターで交流パーティーがありました。タイの伝統的な踊りや日本の盆踊りを互いに披露し合い、一緒に踊りました。
4日目9/21はブリラム県内を観光しました。Silk Villageという文化村を訪れ、タイの祈祷やダンス、そしてタイの代表的な産業でもあるシルクの加工場を見学しました。また、ブリラム県を代表するサッカーチームのスタジアムを訪れ、普段は立ち入ることのできない選手のロッカールームなどを見せていただきました。
最終日9/22はWAFCAタイ事務所にて出会った子供たちの笑顔を思い出しながら、活動を振返りました。

富士山や人気キャラクターを描く参加者

ジョイちゃんもお絵描きに挑戦!

暑い中がんばりました!

新聞紙で作ったカブトをかぶってポーズ!

 刈谷市桜区バリアフリー訪問イベントを行いました (2016/7/16)
~障がいによる差別のない、笑顔あふれるまちづくりを目指して~

「シェイクハンドマーク」を知っていますか?JR刈谷駅前の桜地区・桜商店街・駅前商店街が「安心・快適なまちづくり」活動で作成した「まちづくりマップ」で、障がい者に優しいお店を示したり、お店入口などに貼り、障がい者の方たちの入店をしやすくしているマークです。
しかし、残念ながらまだ多くの人に認知されていません。そこであらためて、車いすの方々とともにお店を訪問し、お店のバリアフリー度や障がい者への対応について確認しました。同時に周辺道路のバリアフリーチェックもしました。
この結果は刈谷市まちづくり推進課、NPO法人まちづくりかりやさんと共有し、シェイクハンドマークの認知度を上げて、すべての人にとって住みやすいまちになるよう役立てていく予定です。

<訪問したシェイクハンドマーク店>(敬称略・五十音順)
おきあがりこぼし、菊泉堂、桜薬局、ドコモショップ刈谷店、ひふみ、メンズショップアイオイ

シェイクハンズマーク

車いすの方によるバリアチェック

お店の方に障がい者への対応確認

車いすは僅かな傾きでも危険

2016年度定期総会を開催しました! (2016/5/29)
~総会後、記念行事 小松副理事長による講演会、交流カフェを行いました~

5月29日(日)刈谷市産業振興センターで開催されたWAFCA定期総会にて、2015年度事業報告、収支報告、監査報告、2016年度事業計画、予算に対し承認をいただきました。同時に新役員選任を行い、理事 藤原 孝太郎氏(愛知県立安城特別支援学校 前校長)、監事 岩崎 正氏(デンソー太陽 代表取締役)が就任されました。
引き続いて開催された講演会では副理事長の小松諄悦氏から「アジア共同体にかける想いと国際交流の大切さ」について講演をいただきました。
また、交流カフェでは、「イベントで今後取り上げて欲しいこと」についてグループ毎に話し合った後、意見発表をしていただきました。

  日時: 2016年5月29日(日)10:00~13:00
  場所: 刈谷市産業振興センター6階 604会議室
  内容 : ・総 会 10:00~11:00
           ・講演会 11:10~12:10
                題目:『変貌するアジと、東文化共同体の可能性』
                講師:小松 諄悦氏( WAFCA副理事長、公益財団 法人渋沢栄一記念副理事長)
           ・交流カフェ 12:20~13:00

第1部 定期総会 榎田理事長あいさつ

第2部 小松副理事長による講演会

第3部 交流カフェでは意見を交換し、グループ毎に発表

2015年度は車いす、三輪車、歩行器を367名へ寄贈できました! (2016/3/31)

タイ 東北部を中心に247名へ寄贈
東北部ブンカーン県に住むティラデー・リンタラック君(8歳、ニックネーム ジャック君)は脳性まひでうまく歩くことができずひざで歩いて移動していたため、歩行器を寄贈しました。9月24日の寄贈式にはお父さんと参加してくれました。
ジャック君は、県の特殊教育センターに通って、身の回りのことができるように訓練しています。ご飯を一人で食べることなど日常のほとんどのことは自分でできるようになったので、これからは歩く練習に力を入れていくそうです。
ジャック君は初めて歩行器を使ったときは不安な様子でしたが、慣れると自信がついたようで、積極的に自分から歩く練習をしていました。
将来の夢は技術者か兵士になることだそうです。ジャック君の夢がかなうように今後も応援していきます。

中国 雲南省で学校と障がい者団体の40名へ寄贈          
9月のWAFCAフレンドシップツアーにて雲南省昆明市華夏中等専業学校の生徒30名に車いすを寄贈しました。国際科 の揚歓先生より寄贈後の子どもたちの変化について報告がありました。
「多くの生徒たちは、家庭が貧しく自分の車いすを持っていなかったため、車いすを寄贈されたことにとても感謝しています。車いすを使うようになって勉強やスポーツなど学校生活を明るく積極的に取り組む姿が見られるようになりました。いつか恩返しをしたいという生徒もいます。」

インドネシア  ジャカルタ市を中心に80名へ寄贈
ジャカルタ市南隣のブカシ市に暮らすルルイル・マクヌンちゃん(8歳、ニックネーム:ルルちゃん)は脳性まひのため自由に身体を動かしたり、言葉を発することが出来ません。そんなルルちゃんの毎日の楽しみは、大好きなお母さんに抱っこしてもらい近所を散歩することです。しかし、現在はお母さんが妊娠中のため、ルルちゃんを抱いて外出することが難しくなってしまいました。
今まで通りルルちゃんが散歩が出来るようにと、地域のソーシャルワーカーから依頼を受け、ルルちゃんに合う車いすを寄贈しました。最初は初めて乗る車いすにビクビクしていたルルちゃんでしたが、30分もするとすっかり慣れた様子で、早速お母さんや近所の人と出かけていきました。「今度会う時はお姉ちゃんになってるんだね!」と、再会を約束しました。

寄贈式で初めて歩行器を使うジャック君

車いす寄贈式に参加した華夏中等専業学校の生徒たち

ルルちゃんと車いすを調整するWAFCAIスタッフ

刈谷市立富士松中学校さんへ寄贈報告しました (2016/2/8)
~生徒会の空き缶など資源収集によるご寄付~

昨年11月に富士松中学校さんからいただいた寄付金でタイの障がい児3名へ車いすを寄贈することができました。2月8日(月)全校集会において寄贈の報告をしました。
校長先生をはじめ、生徒の皆さんは「自分たちの寄付金が誰に使われたのかがわかるので、とてもやりがいがあるし、寄贈された子どもたちの喜んでくれた笑顔を見るととてもうれしい。来年度もみんなで協力して資源回収をし、寄付を継続したいです」と話してくださいました。

タイ車いす寄贈児の寄贈後訪問 (2016/2/5)
~ルーイ県に住むディンクちゃんのケース~

タイでは2015年4月から12月末までに233名へ車いすを寄贈しています。
その一人、ルーイ県に住むワランヤー・ゲウウィアン
(ニックネーム:ディンクちゃん 8歳 小学2年生)に
7月に車いすを寄贈しました。
ディンクちゃんは痙縮(手足のつっぱりのため、思うように動かせない)うえ、県の特殊教育センターが自宅から遠いことから、月に一度だけ特殊教育センターの先生による自宅でのリハビリ訓練を受けていました。
車いす寄贈後、ディンクちゃんは週に1度は車いすに乗って地元の学校に通うことができるようになったそうです。
ディンクちゃんがもっと学校に通いやすくなるように、WAFCAは学校にバリアフリートイレ、トイレまでの舗装道路、スロープを作ることを決めました。
2月5日(金)にWAFCAタイランドスタッフがバリアフリートイレの完成式で学校を訪問した際、ディンクちゃんは、「大好きな学校にもっと行けるようになった」と喜んで話してくれました。

「ぼらチャリ」に参加しました! (2016/1/31)
~「ビバーチェ」さんによる車いすダンス披露とチャリティ商品販売~

1月31日(日)ナディアパークで行われた名古屋発社会貢献イベント「ぼらチャリ」に参加しました。
イベントではWAFCAの寺田恭子理事が率いる車いすダンスチーム「ビバーチェ」さんによる車いすダンスのステージとタイ障がい者が作ったチャリティ商品販売を行いました。
車いすダンスは「テネシーワルツ」からAKBの「会いたかった」などバラエティに富んだ4曲に合わせて素晴らしいダンスが披露され、集まった多くの観客を魅了していました。
またチャリティ商品販売コーナーにも多くの方が訪れ、タイの障がい者が作ったワイヤー、ビーズ、ガラス商品を見て、「めずらしい」「とてもよい」と、購入してくださいました。